「縁日」 ほっこり日記♪

ほっこりしよう♪ みんなひとりひとりに持ち味がある それを持ちよったらこんな形になりました 縁日 en-ni-chi 今を楽しみ そんな空間の中で 和が広がっていく みんなでほっこりしようよ♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「日々喜」後記 vol.3

「日々喜」後記 vol.3

「日々喜」後記 vol.1

「日々喜」後記 vol.2


これ

まとまるのか??

なんて

不安になりつつ 笑



書きたいこと


全部


書く









3つの親指が重なっている




2月の「咲くや」vol.2を終えた翌日


僕らはぐったりしていた


サポートしてくれる仲間はいっぱい

いるのに

みんなに負担をかけまいと

仕事を自分たちだけで抱え込みすぎていた結果だ


大好きな場所で

大好きな人達がたくさん集い

あんなに素敵な笑顔がたくさんあったのに


楽しみきれなかった自分を悔いた


それでも、心の奥でわきおこる何かがあった


それと同時に、布団からむくっと起きて


ワコとイクに言った


「日々喜をやろう。」


ワコとイク


「ひひひ。そう、想ってた。」



3つの親指が重なった




すって

はいて

すって

はいて…


胸に宿る

それぞれの種子


「今」


すべては花ひらく



これが「咲くや」vol.2のコンセプト



「日々喜」の種はこのときから成長を



はじめた









みくしーコミュ「ほっこりの和♪」


この日記を書くために

読み返してみた


今みたら、こんなに繋がってることなのかと

自分でもびっくりしたので


そのまま


載せます


ちなみに、せーじやみほには了承を得て


いません










21 2008年2月24日12:24 ゴン太!!

「咲くや」

みなさん

ありがとう☆

おかげさまで

素敵な場所

素敵な時間

を共有することとができました♪


表向きの日記を書きました






まだ

続いてます☆


打ちあがっていない思いも

たくさんあるのも知ってる


おいら自身が打ちあがってないから♪


「咲くや」を作り上げていく過程で

すごく、感じたこと


「身近な人から、大切にしていく」

「身近にできる小さなことから、大切にしていく」


だった


「咲くや」をやる直前に、

1年ほど、アジアを旅して回っていた

鹿児島の兄から

「久しぶりに会おうや、妹夫婦も帰ってくるし」

っていう連絡がはいったの


金銭的にも厳しかったので

どうしようか迷ったけど

いくことに決めたよ


やっぱりね

「ありがとう」を伝えたいのは

一番身近な肉親たちだった

んで

生まれ育った

鹿児島の土地だった

わこやいくとの縁をつないでくれたのも

鹿児島だったしさ♪



僕はね

両親から

「理解されない」

「信頼されてない」

って、ずっと思ってた

おいらが

こんなだからね~(笑)


今回はそんなことどうでもよくて

おいらがみんなのことを

理解して、信頼してればそれでいいと

思ってた


そしたらね

とくに自分がしていることとか話してないんだけど

おとうちゃん、おかあちゃんから

「おまえのことは、信頼してる。好きにしろ」


って言葉を

たぶん

生まれて初めて頂いたよ♪


はははん♪



おいらは

おいらで

おいらしかできないことを

いま

ここ

でやってます♪



帰ったら

打ち上げしましょう♪


待たせて

ごめん

待ってくれて

ありがとう



今度は

みなさんに

あいにゆきます☆



ようへい

22 2008年02月27日 12:44 Sage

表だとか裏だとか

言ってないで

早く帰ってこーい!!

ようへいの

バカヤロー!!

23 2008年02月28日 02:06 TERRA☆蒼空屋

打ち上げいつかなーー

24 2008年02月28日 02:54 子鹿☆育史朗

ようちゃん

気の済むまで、心置きなく旅をしてきてね(せーじ君ゴメン、、、、)

大丈夫だからさ

25 2008年02月28日 11:31 Sage

いくちゃんやようへいがおれにわかって欲しいことがあるように、おれにもわかってほしいことがあるわけよ。
いまはいま。
いまを大事にする。
だからこそどうするか。

ようへいやぃ
帰ってきたら
二人で話そうか

いくちゃん
それよか
茶色のペコスブーツ要らない?

26 2008年02月28日 13:20 子鹿☆育史朗

せーじ君

ありがとう


ブーツ要る、要る!!

27 2008年03月03日 13:25 みほ。

打ち上げは今週末でいいのかな?
わこちんの話ではそんな感じで聞いていたんですが。

予定が立たないので早めに連絡くださーい。

皆、それぞれの大事な時間が他にもあるのは、わかってるよね?

そんでさ、そん中でみんなは咲くやを大事に思ってる。
つまりはようへいのこと大事に思ってるんだよ。

連絡待ってるよ。

28 2008年03月04日 12:46 ゴン太!!

せーじ

みほ


おいらは遊んでるわけではないよ


おいらは、イベントの「咲くや」を終えに行ってるわけじゃないの

そこでいただいたものを、体に落とし込むために

自分を見つめてる


逆にいえばね

それぐらい今回の「咲くや」は、それをする時間がなかった


きつかったし

しんどかったし

苦しかった


それはもちろん自分の未熟さゆえにね


だからさあ

おいらにとっては、これも「咲くや」の一貫なの


おいらの中で

途中なのに

「はやく咲くやを打ち上げてくれ」っていわれても

無理なんよ



咲くやを

きつい

苦しい

では終わらせない


こんなにも頂いたことがあるから



ありがとう

で終わらせるの



「咲くや」を大事に思ってくれてるのなら

今の僕を大事に思ってくれてるのなら



どうか


そっとしておいて下さい




僕が感じてることはみんなにも


つながっていくことだと思ってるからさあ


ほんと

ひとりで

あるいてるわけじゃ


ないんだ



せーじやみほやみんなことが

だいすきじゃけえ


気になってしまう


今に

集中できんから



そっと


しといて



わがままいって

ごめん



でも、いまやってることが

いまのぼくの

せいいっぱいです



15日に打ち上げしよう



いく



おねがいできるかな??



いつも

いつも


ありがとうね




それでは

いまに


もどります



ようへい

29 2008年03月04日 15:57 子鹿☆育史朗

ようちゃん

Mixiでお知らせしておいたよ

30 2008年03月05日 15:17 Sage

おぅよ~。
集中して
やってきておくれ!








僕は鹿児島ー東京間の飛行機をドタキャンして

そのまま

北上の旅に出たんだ



広島でワコと合流



その旅すがら


葦船の仁ちゃんの紹介で

「日々喜」でも出店してくれた

あるでばらんのご夫妻に出会い

21363695_3734356495.jpg


そのままの流れで


世界9条会議のプレイベント

9条ピースウォークに参加

岡山を9日かけて歩いた


満月ライブで戦争の体験を話してくれたアッシュ

アッシュ

つぎの世代を創るタクロー

21363695_2221566581.jpg


そのご縁でまかない班のすなおちゃんやともえちゃん

岐阜から迎車班として飛んできてくれたにいちゃん


5月5日の世界9条会議でみほの個展を開いたCafe Give Thanksのともちゃん



その他にも数えきれない素敵なご縁を頂いたのでした










今あらためて


ご縁の織りなす


計り知れない物語を


感じている


すべてのご縁に


ありがとう


19844058_3174540163s.jpg




つづく
  1. 2008/10/01(水) 20:38:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「日々喜」後記 vol.2


「日々喜」後記


「日々喜」後記 vol.1











「お母さんね。決めたから」


「みんなのために、自分のために生きるって…」


病院のベッドに座るおかん



僕はおかんの手を

きゅっと

にぎっている










5月の終わり


もうかなり暑い



1年半程アジアを旅して


長いこと住んでいた東京を離れ、鹿児島の実家に帰っていた兄貴


挨拶を済ませていなかった人がいるとのことで


東京に来ていた



2月に逗子でのイベント「咲くや」vol.2を終えて帰省してから、

久々に顔をあわせた



「阿呆ようへい」


あいかわらずの兄貴



喫茶店

テーブルに珈琲2つ


たわいのない会話



そんな時間をしばらく過ごす





「これ、真面目な話しなんだけどさ」


と急にきりだす


「なに?」


右手にタバコ

すこしも動じずにまっすぐ僕の目を見つめて


兄貴は言った


「お袋が癌なんだ」







「そうか…」




腹の底を揺さぶられるような


足下が急になくなってしまうような


強い衝撃はあったけど


兄貴が動じずに伝えてくれたおかげで

不思議と

僕もしっかり受け止めることができた



兄貴はそんなヤツだ



母の病状や今の実家の状況を一通りきいた





実感はなかった





「2人でなにかプレゼントを買おう。それを持ってくよ」



「オレ、千円しかもってないよ」



「いいよ。おれが出すから」




ぷらぷら

男2人




プレゼントを探す




女心のわからない

男2人



だいたい

自分のことを置いといて

欲しいものをほとんど買ったことのない



おふくろ



イメージがわかなかった



「おふくろって何が好きなんだろう」



そんなことすらわからない自分が


腹立たしかった




新宿、渋谷、原宿




時間だけが過ぎる




「おれ、髪きりにいかなきゃ」


原宿にある

義理の兄の店に

髪を切る予約をいれているのだという



「ようへいにまかせた。じゃあ。」



1万円札を渡す



歩き慣れない渋谷

7年も東京にいるのに…




ぐるぐる


ぐるぐる



何度も同じ場所


僕の頭の中のように



そして

やっと見つけた


それは

お箸屋さんだった



1膳のお箸と箸袋…




これから大腸を切る手術をするというお袋



「はやくよくなってたくさんおいしいご飯をたべてほしい」



そんな祈りを込めたお箸だった




買ったお箸を持って、義兄の店についたとき


ちょうど髪を切り終わった兄貴は

義兄と笑いあい

妙に

さっぱりしていた



「気持ちわりい。」



「うるさい。」




「はい。これ。」




「なにかった?」




「マイ箸。」




「この前


 鎌倉で買ったばっかりだよ。」




「…」




「もう



 おつり

 

 かえさない。」





今年の夏は


そんな


はじまりだった


21363695_4288282731.jpg



つづく…




  1. 2008/10/01(水) 18:42:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「日々喜」後記 vol.1

9月8日


ほっこり家族

みほの個展も前日で無事終了


会場作りやBFの人達とコミュニケーションをとるために


いよいよBrowns field入りする日



僕は、ひとりで電車にゆられている



背にバックパック

手にキャリー

胸にひとりという心細さと若干の不安



片道2時間半の旅路


そんなものと一緒にゆらゆらしてた


今まで何度もBFにいったことはあるけど

ひとりで行くのは

実は今回がはじめて





当初一緒に現地入りする予定だった

同居人

子鹿いく



直前に大好きだったおばあちゃんが



亡くなった





「身近な人を大切にしよう」




日々喜のテーマの一つ




祭りを創る段階で、いつもいつもそのテーマ通りのことが




起こる










6日の朝一番


もう、危ないと聞いていて

それ以前に一度会いにいっていて覚悟はできていたのだろうけど

おばあちゃんの訃報を僕に伝えたとき


イクの目はうっすら涙を溜めていた


寝起きの僕は


とっさに彼の手を

きゅっと

つかんでいた







イク自身

ほんとに長い間家族関係で悩んでいた


家族の縁ってほんとに濃いから

家族以外にはできていても

家族の中に入ると

幼いまんまの自分がでてきたり、

普段やっていることが嘘じゃないかって思うほど

真逆をやってしまったりする…


僕自身もそうだったし、イクもそうだったのかもしれない


特に愛情深い故に弟さんとの関係がこじれていた


イク自身祭りのテーマに嘘をつかないように

準備段階から、弟さんとコミュニケーションを幾度もとっていた


それでもなかなか


うまくいかない








「おばあちゃんが最後にセッティングをしてくれた。

 やること、やっておいで。」



イクは力強く


うなずいた



9日には、イクのパートナー妖怪文美も沖縄から帰って来る


そして10日がお葬式…



90歳を超えていた


おばあちゃん


最後の仕事にと

このタイミングを

選んでくれた…


僕にはそうとしか

思えなかったんだ









電車の中


暗くなった窓の外の風景のように


いろんなことが


頭を中を通り過ぎていく



ぼくは




おかんのことを



想った





「身近な人を大切にしよう」




日々喜のテーマの一つ




祭りを創る段階で、いつもいつもそのテーマ通りのことが




起こる




つづく…



21363695_1726411693.jpg



なんだか

小説


ちっくです






ひひひ

  1. 2008/10/01(水) 04:52:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

「日々喜」 ありがとう!!! 

 「日々喜」 ありがとう!!! 



「日々喜」

みなさんの協力のおかげで

無事終了することができました~~~~!!


ほんとに

ありがとう!!!!


おいらも


やりきりました♪


本当におおくの方にささえられました…


感謝の気持ちで溢れています♪


それと同時に

おいらがいたらないばっかりに、気が付いてないところで負担をかけてしまったり

ご迷惑をおかけしたりした方には


こころから


ごめんなさい




詳しいことは、もちょっとしてから


書かせて下さい☆



おいらは今日から


布団の上にもどります笑



とにかく


こころからの


ありがとう





ごめんなさいを…

  1. 2008/09/18(木) 02:57:20|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

当日宿泊者♪電車でお越しのお客さんに朗報!!!

当日宿泊者♪電車でお越しのお客さんに朗報!!!
行川輪業サイクルショップ

行川輪業サイクルショップ (電話)0470-87-8182

レンタル自転車が長者町の駅の近くにあるのを 知ってますか??

ブラウンズフィールドにいくと伝えると、一日600円が500円に割引になります!

さらにまかない担当のじじさんが交渉してくれたおかげで、(じじさんありがとう!)

14、15日『2日間通しで800円』でいいとのことです!!

しかも

もし還すときお店が閉まっていたら、店の正面から右側に狭い路地があって

店の奥に続いているので、奥においといてくれればいいそうです。


自転車があると

祭りの間、自転車で

近隣を散歩するのもいいし、

お風呂もいけるし、

近隣の宿泊所に泊まる方は、いつでもかえれるしと利用の仕方次第では魅力満載!!


海も早朝いくと最高ですよ!


去年、『なんじゃこりゃ~~~~!!!』


と叫んでるスタッフも数人いたとかいないとか…


是非利用して下さいね~~~~♪


行川輪業サイクルショップさん!ありがとう!!




  1. 2008/09/13(土) 15:20:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

ennichi111

Author:ennichi111
“気がつけば、たくさんの大切なものに囲まれて、日々の喜びに包まれている”

「青い鳥」がそうであったように“幸せ”は、いつも身近にあるんです。
「ほっこりしようよ♪」ただそれだけで充分。
欲張らなくても、一人一人が輝いて出来ることをシェアするだけでも世界は回る。
まずは、自分たちや身近な人達が輝ける場所を創る。
僕らのご縁は、まったく個性の違う5人の共同生活の場
何の変哲もないマンションの一室「ほっこり長屋」から広がって、
今やイベントまでやらせていただけるほど大きくなりました。
それはこれからももっともっと広がっていくことでしょう。

この大地に生き、ほんの小さな幸せと感謝を感じていければ
やがて世界は
ほっこり笑顔でいっぱいになるでしょう。

これが僕らの想いです。


現在

芸術をもちこんだ農的生活

都会と田舎に拠点を創り、相互に行き来できるシステム

表現者に対するサポート体制

などいろいろ模索中。


「ほっこり村」

創ります!!


ぼくらに今ないもの

場所

だけです!!


是非情報をおよせください♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。