「縁日」 ほっこり日記♪

ほっこりしよう♪ みんなひとりひとりに持ち味がある それを持ちよったらこんな形になりました 縁日 en-ni-chi 今を楽しみ そんな空間の中で 和が広がっていく みんなでほっこりしようよ♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

08.9.14/15「日々喜」vol.2 みんなでワッショイ!! 葦舟作り!!!

「日々喜」vol.2 みんなでワッショイ!! 葦船作り!!!

title23.jpg

葦舟海

北米、中米、南米、ポリネシア、ミクロネシア、メラネシア、そしてアジア・・・・
環太平洋には、数千年続く先住民たちの智慧がいまだに大切に守られています。
また、そこには驚くほど類似した神話や生活習慣、古代遺跡などがあるのはどうしてでしょう。

「海の道」という言葉を聴いたことがありますか?

太平洋には、北半球は時計回りに、南半球は反時計回りにグルグル回る、一定した海流が流れています。
また、その上をなぞるように吹く貿易風や季節風があります。
いわば、海のハイウエーのようなもの。
そんな海の道をつかって、数千年前から古代船で大陸間や島々をつなぎ、文化の交流があったと考えることは夢の話でしょうか。
そして今、もう一度、太古から伝わる智慧を、古代船である葦船でつないでいく。バラバラになった「かけら」をつなぐように。
そこには、私たちが忘れかけていた大切な何かがあるのでは?

太古の智慧とは、自然と共に生きること。

人間が自然の一部なら、物質文明も自然の一部です。
今あるテクノロジーを切り捨てて、原始的な生活に戻るのではなく、太古の智慧とテクノロジーがともに手を取り合える未来に
私たちは、いま旅立とうとしているのではないでしょうか。

そんな未来への手紙を葦船にのせて海を越えていこう。

このプロジェクトはそうした思いから生まれました。


葦舟1


プロジェクトリーダー 石川 仁


=========================================

上の写真は、32メートルの葦船です…

32メートル

ですよ

32メートル!!!







ちなみに当日のお祭りのメインになるお庭が約35メートルです







その大きさが分かると思いますよ!


会場にいるみんなで、何か一つつくりあげたい!!!

って、ことで

みんなで創ります!!

32メートル!!!







は無理なので

ちっちゃい

葦船

創ります♪ 笑

ちっちゃいの…

ちっちゃい

といっても4~5メートルあるでしょうか?
葦船



石川仁大先生のもと

14日からゆるゆ~ると

会場にいるみんなの手をかりて

約1日かけて完成させます♪


翌日には、完成した葦船をお御輿にして、近くのいすみ川まで

わっしょい!!わっしょい!!!


運んで、川に浮かべにいきましょう♪♪

老いも若きも

あつまれ~~~~~~~~~~!!!!


その後は

石川仁大先生の葦船冒険体験談もトークしてもらいます♪

32メートルの葦船が太平洋のど真ん中で

真っ二つに割れたとか割れないとか…


そんな噂があるとかないとか…笑

そんな話しを聞けるとか、聞けないとか…笑



たのみますよ

仁ちゃん♪



石川仁大先生☆ 笑

スポンサーサイト
  1. 2008/08/07(木) 20:53:39|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<08.9.14/15「日々喜」vol.2 夜更けの密談… 須田郡司『石の語りべ』 | ホーム | ☆08.9.14/15『日々喜』vol.2 出店者情報 ☆>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ennichi111.blog28.fc2.com/tb.php/6-29ac26d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ennichi111

Author:ennichi111
“気がつけば、たくさんの大切なものに囲まれて、日々の喜びに包まれている”

「青い鳥」がそうであったように“幸せ”は、いつも身近にあるんです。
「ほっこりしようよ♪」ただそれだけで充分。
欲張らなくても、一人一人が輝いて出来ることをシェアするだけでも世界は回る。
まずは、自分たちや身近な人達が輝ける場所を創る。
僕らのご縁は、まったく個性の違う5人の共同生活の場
何の変哲もないマンションの一室「ほっこり長屋」から広がって、
今やイベントまでやらせていただけるほど大きくなりました。
それはこれからももっともっと広がっていくことでしょう。

この大地に生き、ほんの小さな幸せと感謝を感じていければ
やがて世界は
ほっこり笑顔でいっぱいになるでしょう。

これが僕らの想いです。


現在

芸術をもちこんだ農的生活

都会と田舎に拠点を創り、相互に行き来できるシステム

表現者に対するサポート体制

などいろいろ模索中。


「ほっこり村」

創ります!!


ぼくらに今ないもの

場所

だけです!!


是非情報をおよせください♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。